肌と環境にやさしい入浴剤

肌が弱い方に!

お風呂好きな方に!

たのしいおふろ!

入浴剤ばんざい!

子ども達へ...

自分のために、と思って輸入しました。
しかし、気付きました。 本当に必要としているのは、使ってほしいのは、肌の弱い子供達です!
日本にはアトピーの子供がとても多いですが、子供自身ではなかなか解決できず、苦しい子供時代を過ごすことになりかねません。 入浴法や食事などでずいぶん変わると思います。シーウィードバスカンパニーのパウダーバス無香料が、そのきっかけになれる!そう確信しています。
子供の頃の私にタイムマシンで、この入浴剤を届けたい・・・(facebookより)

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    かのまま (金曜日, 22 11月 2013 09:23)

    確かに子供は自分自身ではあまり気にしてはいません。 しかし入浴剤を入れ忘れた翌日に「肌がかゆい」と言いました。違いはわかるんですね。まだまだ気を付けてあげないといけないのでしょうね。

  • #2

    ばんざい!青木 (日曜日, 24 11月 2013 17:59)

    自分の肌に合った入浴剤を使う事は、スキンケアの第一歩です。
    水道水の残留塩素に反応してしまう方が多いですね。入浴剤を入れると、塩素が中和されたり緩和されます。
    子どもさんは、なかなか自分で生活習慣をコントロールするのは難しいと思います。余程ひどければ、きっと出来ますが・・・周囲の大人が温かく見守ったり、力をかしてあげてください。